セサミンについて知りたい!

お酒を飲む人に嬉しいセサミンの効果とは

脂肪肝を予防する

アルコールによって脂肪肝になるメカニズム

お酒から摂取したアルコールは、肝臓で分解や吸収されて中性脂肪に変えられます。
そして、この中性脂肪は肝臓の働きによって代謝されます。
しかし、お酒を大量に飲むと、肝臓がアルコールの処理を優先にして脂肪の代謝を後回しにしてしまうため、肝細胞に脂肪が蓄積されて脂肪肝になるリスクを高めてしまいます。

セサミンが脂肪肝を予防するメカニズム

血液中のアルコール濃度を低下させる

サントリーが行った研究によると、ゴマに含まれているセサミンは、アルコールを分解する酵素の働きを活性化させ、血液中のアルコール濃度を低減する効果があることがわかりました。
胃や腸で吸収されたアルコールは血液に入り、肝臓に送られて分解されるため、セサミンを摂取して血液中のアルコール濃度を下げることで、脂肪肝の予防に繋がるのです。

肝臓の機能を高めて脂肪の代謝を促す

セサミンには、細胞を酸化させる活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
セサミンは 体内に取り入れられて肝臓に到達することで、強い抗酸化物質へと変化します。
そして、強い抗酸化物質になったセサミンは、肝臓で直接活性酸素を除去することができるのです。

すると、活性酸素によるダメージから肝臓の細胞を守ることができ、肝臓の機能が高まります。
肝臓のもつ脂肪の代謝機能が高まると、肝細胞に脂肪が蓄積されることがなくなり、健康的な肝臓を維持することができるのです。

二日酔いの予防

二日酔いが起こるメカニズム

肝臓にて分解されたアルコールは、有害物質である「アセトアルデヒド」に変化します。
大量にお酒を飲むと、血液中にこの有害なアセトアルデヒドが増え、頭痛や吐き気などの二日酔いの症状が引き起こされるのです。
肝臓には、アセトアルデヒドを分解するALDHと呼ばれる酵素が存在します。
しかし、肝臓が一度にアセトアルデヒドを分解できる量は限られているため、お酒を沢山飲んでしまうと分解処理が追い付かなくなり、血液中のアセトアルデヒド濃度が上昇してしまうのです。

セサミンが二日酔いを予防するメカニズム

サントリーが行った研究によると、セサミンはアルコールを分解する酵素の働きを活性化させるだけでなく、アセトアルデヒドを分解する酵素(ALDH)の働きも活性化させることがわかりました。
セサミンを摂取すると、これらの酵素の働きが活発になり、アルコールとアセトアルデヒドが素早く分解されて二日酔いの予防が実現されるのです。

老化を予防する

セサミンがお酒による老化を防ぐメカニズム

活性酸素を除去する

アルコールの分解からできたアセトアルデヒドは、肝臓の細胞に作用して活性酸素を生み出します。
お酒を大量に飲んでしまうと、この活性酸素も過剰に発生してしまい、健康な細胞を酸化させます。
また、この活性酸素は、体内にあるSODという酵素によって酸素とともに過酸化水素として生成されます。
この過酸化水素は、細胞をさび付かせて死滅させ、体の老化を引き起こしてしまうのです。

セサミンは、このお酒によって生まれる活性酸素から体を守ってくれます。
セサミンのもつ抗酸化力は強いため、体内の活性酸素を十分に除去して過酸化水素の発生を防ぎ、若々しい元気な体へと導いてくれるのです。

AGEによる肌のダメージ を減らす

アセトアルデヒドが体内のタンパク質と結合すると、「AGE」という物質が生まれます。
お酒を沢山飲んでしまうと、体内にこのAGE量が増え、コラーゲン繊維に絡みついて肌の弾力を奪ってしまいます。

セサミンを摂取することで、アセトアルデヒドの分解が促進されるため、AGEの発生を防いでハリと弾力のある肌を維持することができるのです。

まとめ

セサミンには、アルコールの摂取による脂肪肝や二日酔い、老化を抑制する効果がありますが、セサミンのみでこれらを完全に防ぐことは難しいです。
脂肪肝や老化を防ぐためには、お酒を飲みすぎないように注意したり、栄養バランスの良い食事を心がけたりすることが大切です。
また、二日酔いを防ぐためには、お酒を大量に飲まないように注意する必要があります。

これらを心掛けた上でセサミンを摂取すると、その効果を高めることができるでしょう。

(参考)
セサミンで二日酔い抑制
http://mobiflex.me/huxtukayoi.html
セサミンとお酒と肝臓の良い関係
http://www.loxsystem.com/8.html

page top