セサミンについて知りたい!

セサミンがもたらす抗酸化効果とは?

セサミンとはどんな成分?

ゴマには、抗酸化物質であるゴマリグナンが含まれています。このゴマリグナンを構成している主成分が、セサミンです。
ゴマリグナンには、セサミンの他にセサミノールやセサモリンといった成分が含まれていますが、ゴマリグナンの50%以上をセサミンが占めています。
このセサミンは、ゴマ一粒あたりにわずか1%程度しか含まれていない、非常に希少価値が高い成分です。

セサミンは肝臓に到達することで、強い抗酸化成分に変化します。そして、強い抗酸化成分となったセサミンは、様々な病気の原因となる活性酸素を除去します。

活性酸素とは

人は酸素を吸うと、体内で酸素を利用して代謝が行われます。この代謝が行われる過程で活性酸素が発生します。
活性酸素は、酸素を吸うだけでなく、激しい運動やストレス等によっても発生してしまいます。

活性酸素には、体内に侵入してきた細菌やウィルスを取り除く働きがあります。
また、白血球といった免疫機能の一部として細菌を攻撃します。さらに、エネルギーを作る際に余った水素と結び付き、水となって体外に排出する働きがあります。

このように、活性酸素は体内で重要な働きを行いますが、活性酸素が過剰に発生してしまうと酸化が起こります。
過剰に発生した活性酸素によって体内の細胞が酸化すると、老化や動脈硬化、ガンの原因に繋がります。

人はもともと活性酸素を除去する抗酸化作用をもっていますが、年齢とともにその力は低下してしまいます。
特に、40代以降は抗酸化作用が衰えていくので、積極的にセサミンを摂取することが望ましいです。

セサミンの抗酸化作用がもたらす効果

活性酸素は、肝臓で最も多く発生します。しかし、抗酸化作用のある成分は水溶性が多いため、肝臓に到達する前に消化や吸収をされてしまいます。
セサミンは脂溶性の抗酸化成分であるため、肝臓までたどり着くことができます。
そして、肝臓で直接活性酸素を除去することができ、様々な効果をもたらしてくれます。

(効果1)肌のシミやシワ、たるみを防ぐ

紫外線によって活性酸素が発生すると、シミの原因となるメラニンを過剰に作り出してしまいます。
また、活性酸素は肌の奥にあるコラーゲンを硬くさせます。
これらが原因となって、シミやシワ、たるみなどを引き起こします。

セサミンを摂取することで、肌トラブルの原因となる活性酸素を除去し、若々しくて美しい肌を叶えることができます。

(効果2)悪玉コレステロールを減らす

活性酸素が過剰に発生してしまうと、細菌だけでなく健康的な細胞まで傷つけてしまいます。
健康な細胞を傷つけてしまうと、細胞が本来の力を発揮することができず、臓器の機能が弱まります。

肝臓の機能が弱まってしまうと、コレステロールが正常に作られず、血液の中に悪玉(LDL)コレステロールが増えてしまいます。
悪玉コレステロールが増えると、血液の通る道を狭くしてしまい、動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。

セサミンには、肝臓で発生する活性酸素を除去する働きがあるため、セサミンを摂取することで悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化を防ぐことができます。

(効果3)二日酔いを防ぐ

セサミンによって活性酸素が除去されると、肝臓が保護されて機能が高まり、二日酔いを防ぐことができます。
二日酔いは、アルコールを分解した後に発生する有害物質の「アセトアルデヒド」が、体内に残ることによって起こります。

セサミンを摂取して肝臓の働きが活発になると、体内にあるアセトアルデヒドの分解を促進し、二日酔いを防ぐことができます。

(効果4)疲労の改善

活性酸素が増えると、健康的な細胞が傷つき、炎症や酸化によるストレスが起こります。
炎症や酸化によるストレスは、体の疲労感に繋がります。
セサミンによって活性酸素が除去されると、疲労感や寝つきの悪さが改善し、集中力も高まります。

(参考)
セサミンの抗酸化作用
http://www.teamfla.org/antioxidative-effect.html
セサミンの体験談
http://www.reservoir.jp/sesamin006.html
セサミンの健康効果
http://machida-sougoutaiikukan.jp/03.html

page top